こんばんは。





回診の先生方が、「ついに30週だね~!」と言ってくださる度に嬉しいです\^^/





「ここまではみんな長い長いというけれど、30週に入ると早いからね!年齢と一緒、30超えたら早もんね!」と。





確かにね~(笑)





30週を超えたから産まれていいという訳では無いけれど、安心感がやっぱり違うのも大きいのかも。
目指す正期産も37週だし、十の位が2と3じゃあ本当に違う!







切迫早産は長期で入院される方が多数です。
突然なことが多いので、これからどうなるのか不安で押しつぶされそうだったり、あの時無理しなければと後悔したり。
寂しくて仕方ない、家のことやパパのこと、子供のことなどいろんなことが心配で仕方ないと思います。
仕事をしていた方は、それも気になって仕方ないでしょうし、ゴールまでの日々を指折り数える日々が最初は続くと思います。







だけど、そんな風に過ごしていたのでは、時間が経つのがあまりにも遅いし、苦痛ばかり(;_;)
なので、皆さんそれぞれ自分なりの過ごし方を見つけられていくのだと思います。






映画が好きならポータブルのプレイヤーで映画、ゲームが好きならDSなんかでゲーム、私見たいに編みふける人、読書が好きで本をたくさん読む方。
天井の模様に顔を見つけては、時間が経つのを待つだけ、指折り数えるだけよりよほどストレスになりません。
ストレスや不安な気持ちはお腹の張りにほんとよくないし💧






それでも天井に顔を見つけてしまうけど(笑)








私も最初はテレビをつけたり、ゲームや読書をしたりしてたけど、なんとなくつまらなくて、たどり着いた編み物にはまってからは時間が経つのが本当に早くなりました♡







もうひとつ。
入院していると、世の中に置いていかれたような気持ちになることも。
少しですが、食のお仕事もさせていただけるようになり、仕事の途中だったこと、大きなお仕事も控えていた矢先の入院だったのでそういう面での不安感も実はありました。






だけど、できないことばかりを考えても仕方なく余計辛くなるだけ。
今は、入院中でもできるお仕事をほんの少しさせていただいたり、(協力してくれる家族に感謝してます)スキルアップのための勉強を始めたりして、そういう不安感も少しずつ解消しています。






焦っても仕方ない、今出来ることをやるしかない。
時間だけはたくさんあるんだから、楽しく使おう。
考えてみれば、これだけ時間を好きに使えるなんて贅沢なことです。
それに、寝たままでもできることは意外とあったりして。






入院されたばかりで不安で仕方ない方、自分に合った過ごし方を早く見つけられますように。(だけど何事もほどほどに)
副作用と闘う日々を送っている方も、赤ちゃんに会える日は必ずやってくるので頑張りましょうね。






【入院40日目の朝ご飯】

578kcal 塩分1.5g

●クロワッサン、ランチロール
●シルバーサラダ
●ジャム
●牛乳


シルバーサラダ...
名前が印象的でしっかり覚えていました!
この病院に来てから1ヶ月たち、どうやらメニューが1週したようです。
カロリーと塩分が書いてある1週間単位の献立表を見つけたので、コピーしていただくことに。
1周してしまって内容はかぶるけど、今後はカロリーと塩分付きで紹介していきたいと思います。











【お昼ご飯】578kcal 塩分3.3g

●ご飯180g
●親子煮
●和え物
●桜漬け
●清汁


もう1ヶ月たったはずなのに、献立とか食べた記憶がしっかりあるから凄い。
いつもは前の日のご飯とか思い出せなかったりするのに(笑)
親子煮の卵が半熟だったら美味しそうだなぁと思ったけれど、病院食はやっぱりしっかり加熱しないとダメなのかな?











【晩ご飯】768kcal 塩分2.2g

●ご飯180g
●魚のフリッター
●信田巻煮
●大根サラダごまドレ和え
●りんご缶


大根と胡麻ドレの混じりきった感じは、なんとなくぬかっぽい感じがして不思議だったのでよく覚えてます。
クコの実は薬膳でもよく使う食材で、老化を遅らせてくれる効果もあるそう。
これは、帰ってからも食べなきゃです!








前の病院よりも味付けがしっかりだなぁとは思っていたけれど、そんなに塩分が高くなくてびっくり。
これからは薬膳のことにも少しずつ触れながら書いていこうかな?と思います。
その方が覚えられそうだという魂胆で( ̄▽ ̄)





というか、薬膳の基本の中医学とか読んでると眠気が凄い襲ってくるんです(笑)
しかも、耳ツボの資格も持っていて同じ中医学だというのに、知識が全然ついて行っておらず。
頑張らなくちゃー!





チョコレートが食べたいよー(笑)