最も恐れていたことが現実に。。。
今日、24週の健診で緊急入院になってしまいました。





娘の時には初期と中期に出血などの症状があったので、頻繁に内診をしていました。
なので、腹圧をかけた時の子宮頸管が短いというのが早い段階でわかっていました。その時で2.3cmくらい。
これ以上短くなれば入院と毎回言われましたが、自宅安静し結局入院することはなく正期産に入ってからの出産になったのでした。





今回は出血もほとんどなく経過も順調だったので、安定期中は内診がない普通の健診内容だったのです。
心の片隅で、内診をお願いしようか迷いはしたもののそのままでした。





そして今日の久々の内診。
なんと、子宮頸管が8.9mmでした、、、
どれだけ深刻な長さかわかるだけに呆然としてしまいました。
もう、ほんのちょっとの長さで赤ちゃんを支えている状態、切迫早産です。





やはり、1人目で子宮頸管が短かった場合は、どんなに順調でも無理はせず、少しでも気になったら内診をするべきだと思いました。





自宅に帰ることも危険ということで即入院。
長い長い寝たきり点滴生活がはじまることになりました。
期間はおそらく34週くらいまで。
パパの誕生日も、娘の誕生日もクリスマスもお正月も一緒に祝えません😭
それどころか、病棟には子供は入れないので娘との面会も厳しいです。
それが1番悲しく寂しいです。





ですが、今はお腹の赤ちゃんを無事に出産することが一番です。




また、今回のことでご迷惑をおかけしてしまう皆様大申し訳ありません😭
しばらくの間、連絡はパソコンではなくスマホが中心になってしまいます。
ブログからのご連絡やホットメールのアドレスの方はスマホから確認できるようになっています。




ここを乗り越え、無事元気な赤ちゃんを出産し、また元気に復活したいと思います。