迷いに迷って悩みに悩んで結局決めたクリスマスツリーは結局こちらに!
もうね、一生使う覚悟できめました





ヨーロピアンブルースプルースツリースリム 【クリスマスツリー 180cm】 [Christmastree X’mas Xmas tree 180センチ クリスマス・ツリー クリスマス木 もみの木]
ヨーロピアンブルースプルースツリースリム 【クリスマスツリー 180cm】 [Christmastree X’mas Xmas tree 180センチ クリスマス・ツリー クリスマス木 もみの木]





オーナメントやツリーの売り切れが怖かったので早々に注文。
そして、オーナメントのバランスを見たかったので早々に組み立て。←早すぎ
なんせここまで大きいツリーは初めてなので、どのくらい飾ってよいものかわからず




180㎝のツリーは3つのパーツに分かれているとはいえ大きい!
オーナメントも合わせて大振り。



006A6017-crop






土台に一番下のパーツを取り付けます。
取り付け方はとっても簡単で私一人で十分。
枝は閉じた状態でしたが、縦になると開いて写真のような感じに。
フィルム製の枝は本当に内側のみで、外側は全部ポリ成のやわらかいものでした。




006A6019






更に2段目を取り付けると同じように枝が開きます。





006A6020






3段目まで取り付けた状態。
3段目は自分で枝そのものを開いていく感じのようで勝手には開きません。
ここからは葉っぱを開いて形を整えていきます。





006A6023






組み立てからだいたい40分くらい?
なんとなくツリーっぽい形になりました。
形はこだわろうと思えばもっともっと綺麗にできると思います。





006A6025





組み立てたツリーはハロウィンが終わるまで子供部屋(という名の資材部屋)にいったん待機。




このツリーにしてよかった点をいくつか。




内側にあるフィルム葉の針金の軸にオーナメントがしっかりと飾りやすい
最初はポリ成の葉だけがいいと思っていたけれど、内側にフィルムの軸があることでオーナメントが固定しやすいのです。
針金の先は表に出ることはなく安全、オーナメントをひっかけた後大きくまげて落ちないようにしています。




やっぱり素敵だった色合いと葉の形、多さ
みっしり葉がついているのでスカスカ感がありません。
緑すぎない色合いのおかげで自然な見た目、様々なオーナメントと相性がよさそうです。





組み立てやすさ
180㎝より少し低いかなぁと感じる高さは、身長150センチの私が背伸びせずに組み立て可能。
椅子に上ったりしなくても大丈夫で飾り付けもわりとしやすかったです。





逆にちょっと悔やまれた点。




やっぱり大きいのでシーズンオフの収納場所を確保しなければなりません~。
だけど、このサイズならどのメーカーを買っても仕方ないような気もします。





というわけで、最後は今年のテーマカラーのオーナメントと仕上げです。
↑ちょっと写ってたけど(笑)





気が早い気もするけれど、あれよあれよと売り切れや在庫わずかになっていくので焦りました。
クリスマス前にはまた入荷されるのかもしれないけれど。
普通はどのくらいから準備するのかなぁ?







ラインで更新通知が届きます
 



インスタグラムもよろしくね

Instagram





今日もご訪問ありがとうございました

読んだよ!の応援クリックいつもありがとうございます