おはようございます



いつからかちょっとマンネリ化してきたお弁当作り。



昔のお弁当を見てみると、いろんなお弁当箱やピックを使ったり今より楽しんでるなぁと。
お弁当作りにかけていた時間が全く違うというのもあるのかな。
以前はのんびりゆっくり、今は10分15分が当たり前になってきました。




だけど、せっかくお弁当箱もピックもたくさんあるのだし活用しない手はない。
そう思い立ち、久々にお弁当箱をあれこれ使ってみようと思いました。




お弁当箱の容量や購入店については、すべてではありませんが記事にまとめています。
【お弁当箱について】




そして久々の登場、お重の1段。
これ1段でごはん300g入っています。
以前はこれ、2段で作っていたんですよね・・・う~ん、大変なはず(笑)



006A5363




~Menu~

塩茹で鶏焦がし醤油のねぎソース
Cpicon かぼちゃの塩麹煮 by ちきぽん
ミニトマトの甘酢和え
ほうれん草入りマカロニ卵サラダ






前日の夜にちゃちゃっと準備したもの。



2%の塩を揉み込んだ塩鶏。
塩を刷り込んでジップロックに入れ空気をぬくようにして冷蔵庫に入れておきます。
1週間以内には食べきります。だいたいそこまでもたないけれど!



かぼちゃの塩麹煮は我が家の定番おかず。
砂糖は気分で入れたり入れなかったりしています。


Cpicon かぼちゃの塩麹煮 by ちきぽん




006A5349





かぼちゃを煮ながら、作ったミニトマトの甘酢和え。
娘が離乳食のときはよく食べたトマト。
ですが、急に食べなくなりなんとか原型に近い感じで食べてくれないかと考えました。




トマトの甘酢和え
材料:2人分
調理時間:5分
【一人分のカロリー:17kcal 食塩相当量:-g】
・トマト 中1個
・砂糖 小さじ1/2
・酢 小さじ1/2



【作り方】


トマトは皮をむき、8等分のくし切りにし、砂糖、お酢で和える。
湯むきが面倒なので、菜箸をトマトに刺してガスで炙るようにして皮をむいています。





娘に出すときのちょっとしたポイントとしては↓


ポイント
1、種をとり1切れを更に半分にカット
2、食事の最初にまず、これを出す!




大好きなものと一緒に出してしまうと、どうしてもそればかり食べてしまって。
これ、結構大事なポイントかもしれません(笑)




だけど、たったこれだけのことで1/4個は食べてくれるようになったからビックリ!
しかも、ごまかすのではなく、ほぼトマトの原型なのですごく嬉しかったです。
ほうれん草入りのマカロニ卵サラダも、娘がほうれん草を食べるようにと考えたもの。
お浸しとか緑のものそのままだと全くダメなんですね~、困った




ところがところが、ミニトマトで同じように作ってもダメでした、残念(笑)
ちなみに、ミニトマトで作る場合は10個くらい、お酢は倍量で作りました。




006A5339






そんな感じで、朝は仕込んでおいた塩鶏を茹でてねぎソースを作り、調理時間15分でした。
鶏も茹でておけば、10分かからないかもしれません。





006A5350






茹で鶏のソースに彩りを加えてくれたのがピンクペッパー。



レシピブログスパイスモニター100回記念☆スパイスセットプレゼントで当選したスパイス!
こんなにいっぱい~、これは、テンション上がりました



ピンクペッパーて可愛いのだけれど高いので、普段なかなか買うまでにいたらず。
モニター品の中に入っているなんて太っ腹!
皮もぽろっとはがれたりせずとてもきれいなものでした。




006A5372






かわいいからって、ピンクペッパーのせすぎたみたいでした。
入っているものは残さず食べるパパなので、量を考えないといけません(笑)




お弁当作りは「長く続くことだから、楽しみたい。」
それがいつからか、作るだけで精いっぱいになっていたりしました。
今はまた「楽しみたいな」と思えるようになってきましたが、それも出産までの期間限定かも。
子供のお弁当も始まれば、今より大変になるかもしれないけれど、それはそれで楽しみでもあります。
変化する生活に合わせ、無理なく楽しく続けられるスタイルを常に模索してます。




こうやってブログに記録を残すことや、見に来てくださる方がいることも大きな励みになっています。
基本がだらだらしたい、寝ていたいタイプなので、お弁当もブログも続けられていることが奇跡(笑)
いつもありがとうございます








ラインで更新通知が届きます
 



インスタグラムもよろしくね

Instagram





今日もご訪問ありがとうございました

読んだよ!の応援クリックいつもありがとうございます