昨日ご紹介したDIYで作ったもの。


キッチンの上にあるどでかい箱みたいなのは、ずいぶん前に作った食洗器を隠すカバーです。
茶色くてかなり大きいので部屋の雰囲気と合わず、ナチュラルな木枠で囲う感じに作ったのでした。


ではなく、その下の!



006A5126




ベビーゲートでした!




006A5123





ちなみに、beforeはこんな感じでした。



小さな子供がいても可愛らしいインテリアを諦めたくなかったけれど、唯一諦めていたのがこのゲート。
頂いたものでちょっと好みとは違うけれど、これがあるしわざわざ買い直すのもなぁ・・・
外すまでにあと少しの辛抱だしと思ってこの状態でした。



無理やりゴミ箱や空気清浄機などで押さえつつ、左端は食器棚の取っ手に紐で結び、右端はおもちゃBOXや本BOXで押さえていたのです。
が、とうとうおもちゃBOXをどけここを抜け出すことを覚えてしまったのです



それに、このゲートは扉がキッチン側にしかついておらず。
キッチン側からぐるっとまわるか、またぐしか方法がなかったのですが、面倒なのでよくまたいでました。
お客様にも同じようにしてもらうしかなくて、、、



それでいよいよDIYに踏み切ったのでした。




006A1683-crop





ところが、これが想像以上に大変だったのです。



壁やキッチンには傷をつけられないのは当然のこと、ですがそれよりも何よりも、キッチンの端と壁の位置。
まっすぐではなく斜めになっているのです。



壁からそのまままっすぐゲートをとりつけると、点線の位置になってしまい、ホットプレートのカートもこのように置けなくなります。
それに、130㎝以上あるので市販のゲートではギリギリきつくお値段も高い!
(13000円~14000円くらい)



もう一つ言うと、好みのデザインのものもありません。




006A5121





というわけで、部屋の雰囲気に合わせたものを作ることに。



いつものようにイメージとペンキ塗りは私担当、設計して作るのはパパ担当。
そういえば、娘を妊娠中にベランダを作ったことを思い出しました。
あの時は防腐剤が妊婦NGで塗る作業もすべてパパ一人でやってもらったなぁ。



※材料はこれですべてではありません
006A5113




どうやって取り付けようかとものすごく悩んだパパ。


途中経過を見ていたら少し不安になったりもしましたが・・・・



006A5112





できたのは希望通りの素敵なゲート!
娘がよりかかっても大丈夫なようにしっかり作ってくれました、さすがパパ!



かかった費用はざっくりで6000円くらい。
ほんの少しの端材とペンキなどは家にあるものを使いました。



グリーンとか雑貨を飾ると本当にかわいい




006A5139






が、娘がすぐにいじるので現実的ではありません(笑)


工夫次第では玄関側には飾れるかも。


ちなみに、グリーンを入れた可愛いバッグはBRUNOのマルチストレージバッグ
防水なのでいろいろ使えて便利!
ただいまインスタグラムで楽しいイベント開催中なので、#スペースパレット ぜひサーチしてみてくださいね。

これにおもちゃ入れとくとどうかなぁ?バッグごと持ってちゃうかな。




006A5140





これでまたがなくてよくなったので危険も減少。
お腹が大きくなって来たらまたぐのも難しいし、、、 ←面倒で扉を使わずまたいでた
お客様も玄関からリビングにちゃんと扉を使って直で来られるように



今までの癖でまたいでしまわないよう、ちゃんと私がまたげない高さにもなっています(笑)
下の子が生まれて大きくなるまでまだ何年もあるのでしっかり活躍してもらわなきゃ



アイランド型キッチンでも、位置が少々ずれていてもなんとかなりました!
ただ、反対側はキッチン×食器棚でどちらも扉があるので取り付けるのは無理今のまま。
置くだけのものなら設置できるので雰囲気を合わせるために何とか工夫してみようかなぁ?



と、パパに相談してみようかな(笑)