いや~、毎日ほんっとに暑い!暑すぎますね~

娘とのお出かけ、ほとんどベビーカーで保冷まくらが欠かせません~。
ベビーカーの背中部分って熱がこもるんですよね、、
なので、保冷枕に手ぬぐいを巻いて背中部分に置いているんです。
こんな形で保冷枕が役立つなんて!


ちなみに、保冷枕はGEL-COOまくらを使用しています。
これ、表と裏で表情が違って、温度も違うという優れもの。
お顔が起きているほうがより冷たく、寝顔のほうが穏やかな冷たさ。
その日の気温に合わせて背中に当たる部分を選べてとても便利。
冷やしても凍らずやわらかだし、絶妙なサイズ感で娘も居心地よさそうにしています
お弁当のおかずを素早く冷ますときもおかずをのせたバットの下に敷いたりととにかくフル活用してます。
保冷枕さまさまのこの季節です!




画像は過去記事から引っ張ってきました。
006A3402




そして、もう一つのタイトル。


以前から登録はしたいと思っていたけれど、少し不安もありなかなか踏み出せずにいた骨髄バンク。
ですが、娘が1歳を過ぎたころ登録をしました。


きっかけは、大好きな絵日記ブログ「カータンBLOG」のある記事でした。



カータンさんの記事を読んで、娘を出産するまでのことを思い出しました。
何度も流産し、その度になんで私だけと、、
私だけじゃないのは頭ではわかっていても、心は受け止めきれず。
舞い上がるほど喜んでは地にたたき落とされ、素直に喜べなくなってもまた地に落とされ。
三度目、喜んであげられないまま天国へ行ってしまった時には心の底から後悔しました。

そんなこともあり、娘を妊娠したときには「お花畑妊婦」と言われるくらい喜び浮かれました。
もしも、また何かあったとしても、同じ後悔をしたくなかったからです。
そんな経験もあったので、カータンさんの出産のお話を読んで色んな気持ちがこみ上げました。
そして、命ってやっぱり奇跡なんだと。


カータンBLOGで紹介されたタロウちゃんは先天性の難病で骨髄移植が必要でした。
まだ小さいタロウちゃんと娘が重なり、パパとママの必死な声にもいてもたってもいられず。
すぐに娘を連れてドナー登録をしに行ったのです。


登録そのものはとても簡単でした。
血液をとる間は職員の方が娘を少しみていてくださいました。
詳しい流れはこちら→ドナー登録の流れ ドナー登録をお考えの方へ


そんなタロウちゃん、最近骨髄移植を無事受けられたそうです!!
良かった、本当によかった。
幸せの種〜タロウちゃん免疫不全症候群と家族こと〜



だけど、骨髄移植を待っている方はまだまだたくさんいらっしゃるのですよね。





最近、私は再び妊婦となりました。

残念ながら、妊娠中と出産後1年以内は骨髄の提供はできません。
では、こういった場合どうするのか?
知らなかったので、問い合わせをしてみたところ、

「日本赤十字ブロック血液センター」にて保留の手続きをしてくださいとのことでした。

保留期間は55歳を迎える誕生日の1日前まで自由に設定ができます。
しかも、電話1本で可能、再開の日時も伝えれば改めて連絡をしなくても大丈夫、自動的に再開されます。


各地域の日本赤十字ブロック血液センターはこちらから



私の出産予定日は2月15日、その1年後少し余裕をみて4月から再開していただくことにしました。
もどかしい気持ちもあるけれど、しばらくはお休みです。


「妊娠をしたけどそのままにしているわ」
という方がいらしたら、とても簡単なので保留手続きをされてみてくださいね!



ドナー登録の詳細はこちらからご覧になれます→日本骨髄バンク