定番の組み合わせの人参、ピーマン、ちりめんじゃこ。
余ったときにアレンジしやすく、お弁当用に色合いを綺麗にしたかったので味付けは塩のみ。
弱火でじっくり炒めて子供にも食べやすいようにしてみました。



006A1609









余ったら片栗粉をまぶして平たく焼いて手づかみの幼児食にも。
もちもちした食感で食べやすく手も汚れにくいし、娘も喜んで食べてくれました
小さなお子様が食べる場合は、あらかじめ塩分を少なめに調整されてみてくださいね。


ちなみにこちらの分量は30g(大さじ山盛り2杯分)に片栗粉小さじ2。
それを小さじ1/2のごま油で焼いており、娘は一度に2枚食べます



006A1617




余ったらこちらも。
倍量くらいの木綿豆腐を水切りせずそのまま加え、砂糖、すりごまも加えます。

甘味がついていないおかずなので、砂糖はお好み量加えてみてくださいね。
人参にしっかり味がしみ込んでいるので、その他の味付けはなくてもおいしいですが、
お好みで白だしや麺つゆなどを加えてもおいしいと思います。

ちなみに、こちらは一人分30g(大さじ山盛り2杯くらい)にたいして、木綿豆腐60g、
きび砂糖小さじ1/2、すりごま小さじ1で作っており、優しい味です



006A1620






昨日は友人家族が遊びに来てくれました。
子供がいっぱいでほんと賑やか!
パパが作ったキッチンが大人気でした

兄弟がいたらこんな感じなんだろうなぁ~。
いいなぁ、楽しそうだなぁ。




写真 2016-05-15 21 24 35 (1)




3か月の赤ちゃんもいたのだけど、可愛くてたまりません~
最近すっかり幼児になった娘。
赤ちゃんの頃がすでに懐かしく感じます。
赤ちゃん、やっぱりかわいいなぁ
大家族って、そうやって増えていくのかなぁ。


最近、たまった写真や動画を整理しているのですが、つい見入っちゃって、これがなかなか進まない(笑)
ねんねのころの動画をみて、当たり前だけど、この瞬間はもう二度と戻ってこないのだなぁと。
このころは「今が一番可愛い!」と思っていて、このままでいてほしいとすら思っていました。
だけど、やっぱり今は今が一番可愛くて(笑)



ママ、ママって来てくれる時間なんてほんと少しの間だよ~とか、
「今が一番可愛いときだよね!」が「あの頃が一番可愛かったよね~」って変わるのいつだろうね~?
とか、そんな風なことを話しながら楽しい時間を過ごしました。




あ!そうそう、ちょっと前見た“初めてのおつかい”の話でも盛り上がりました。
娘の動画を毎日撮っていたパパとママのお話。

小学生になった娘が初めて自分のお使いの映像を見たときの涙に


もう、号泣



話してたら思い出してまた泣きそうになりました。


弟の、「僕のはないの?」にちょっと切なくなったけれど(笑)

















大きな写真でレシピが見やすいです

 

人参とピーマンの塩じゃこ炒め

人参とピーマンの塩じゃこ炒め

by 中原美香子

調理時間:10分
Comment

味付けは塩のみのなので、作り置いてもアレンジがしやすく色も綺麗です。弱火でゆっくり炒めて子供にも食べやすく仕上げます。

このレシピを詳しく見る






ラインで更新通知が届きます
 



インスタグラムもよろしくね

Instagram





今日もご訪問ありがとうございました

読んだよ!の応援クリックめっちゃ嬉びます