今回のはちょっと地味な父へのお弁当!







~Menu~


・鰯蒲焼き


・南瓜のソテー


・ぶなぴーとパプリカの炒め物


・菜の花のおひたし


・切り干し大根


・明太子







近くのお店でおばあちゃんが野菜などを売っているのですが、


そこで切り干し大根を買うときに「おなますがおいしいわよ。」


そうすすめてくれました。


1袋はたっぷりなので、半分はなますに半分は煮物に。


しゃきしゃきしたなますやっぱり美味しかった~


レジのところに大きなバラの花束があって、


「73歳の誕生日なのよ~。」と嬉しそうにぎっしり詰まったバラを見せてくれました


こんな感じでなにかしら毎日ほっこりすることがあります




いつも母と私はそっくり!といわれるのですが、昨日も看護師さんに


「本当にそっくりですね!まつげの感じなんかも!」と言われ、


エクステを付けている二人は思わず笑ってしまいました。


「これは付けているんですよ。娘は自分で出来るんですよ!」と話す母。


聞かれてもいないのに、「耳つぼの可愛いのもできるんですよ!」とか、


「5月からはお料理教室も始めるんですよ~」とか、本にもお弁当が・・・とか。



今まで親孝行という親孝行をしてなかったし、自慢出来るような娘ではなかったけれど、


嬉しそうに私の事を話す母を見て、恥ずかしいけれど嬉しかったです。


一番の親孝行は孫の顔を見せることだと思っていたけれど、


今でもやっぱりそれが一番かなと思うときもあるけれど、


両親が喜んでくれることで私に出来ることは他にもたくさんあるんだなぁと思いました。


私もまだ諦めたわけではないけれど、3人も孫を見せてくれた弟や、


弟のお嫁さんにものすごく感謝をしています。




そして昨日の晩ご飯では驚くことがありました。


なんと、父が最初の一口だけじゃなくきっちり野菜から食べ、


そしてよく噛んでいるではありませんか!!


よく噛んで食べる父を私は生まれて初めて見ました。


生まれて38年近くになろうというのに、初めてです(笑)


「すごい!今日はよく噛んでるね!!!」とは言ったけれど、


きちんと野菜の副菜から完食までしていたことは突っ込みませんでした。


本当は涙が出るほど嬉しかったけど、厳格な父をあまり褒めちぎるのもなんだかね(笑)


私が東京に帰っても、続けて欲しいなぁ。




旦那様の優しさに触れて今の私があるから、旦那様にも、


旦那様に出会えたことにも義両親にも感謝の気持ちでいっぱいです。


流産も何度も辛かったけれど、それがあったから今のような気持ちがあるのかな。


やっぱり、どんなことにも意味があるんだと改めて思います。




今日は義両親がお見舞いに来てくれます。


病院への道のりも不安だし、お魚を食べさせたいからと先に実家の方に来てくれます。


肩こりやなんかが酷いっていってたから耳つぼの施術もする予定




温かい人に囲まれて毎日がしあわせです。


けど、旦那様がいないのはやっぱり寂しい~(笑)








可愛いお弁当のグルッポ







今日も最後まで読んでくださりありがとうございます

皆様の応援が毎日のパワーになっています。

よろしければクリックで応援お願いします。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 料理ブログ お弁当へ