ここのところ体調がすぐれずブログも休みがちになっていました。


心配して下さったり、メッセージをくださった皆様ありがとうございました。


アメンバー記事をご覧の方にはすでにご報告をしていますが、


ちきぽん、新しい命を授かりました。


悪阻の始まりがかなり早いほうで、始めの方が辛く最近少しずつですが落ち着いてきました。


ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。





今まで流産をくり返し、何度もこうやってご報告をしては悲しい結果をお伝えをしてきました。


なので時期を悩みましたが、今まで越えられなかった壁を越えられたのが嬉しくてのご報告です。


けれど、まだまだ安心出来る次期ではないのは事実です。


というか、私にとって心から安心出来る次期は来ないかもしれません。


それならばもう開き直るしかないと、本当に本当に、やっと思えるようになったところです。





過去、ベビ待ちばかりに気持ちが集中しすぎてしまった時は本当にうまくいきませんでした。


治療をしてもうまくいかないことがストレスになり早い段階で治療はやめました。


初期の治療くらいで、、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、


その期間、ベビ待ちのことしか頭になくて旦那様にイライラをぶつけることも多く、楽しいことがあったのか、


どうすごしていたのかわからないような、今思うと空白のような1年でした。


「リラックスした気持ちが大切」そう言われても必死な時はそうはなれるはずもありませんでした。





お料理教室、フォト教室を開きたいとい言う夢を持ってからは、勉強を始めたり、


習い事を始めたりしてだいぶ気持ちが変わりました。


一度にしてしまうのは難しいとも思いましたが、どれも叶えたい夢だったので前向きにすすみました。


その結果今に至ります。





そして、1年前1日違いで流産を宣告された大切なお友達もまた同じ時期に新しい命を授かりました。

二人とも高齢初産で高リスク妊婦、更にお友達は今自宅安静の状態ですが、


お互い運命を感じて励まし合いながら毎日を過ごしています。


本当に妊娠、出産とは奇跡の連続、命がけなんだと言うことを改めて感じています。




ベビ待ち記事は途中からアメンバー限定にさせていただいていましたが、


少しずつですが一部のみを公開設定にしたいと思います。


同じように不安をかかえる方の励みに少しでもなってくれたらいいなと思っています。




私ももう一度赤ちゃんの生命力を信じてがんばります。