先日のブログ記事にたくさんのコメントやメッセージ、いいねをありがとうございました。


こんなにもいっぱいおめでとうの気持ちをいただき、私はなんて幸せなんだろうと思いました。


私だけではなく赤ちゃんも旦那様も本当に本当に幸せです。





結婚したら、そしてタイミングさえ合えば妊娠は当たり前にできるもの。


妊娠すれば赤ちゃんは元気に産まれて来るもの。


はじめそんな風に思っていて、女性の身体、自分の身体についてあまりにも知識がなかったです。


今思えばいい大人なのに恥ずかしいくらいです。


もちろん、何事もなく妊娠、出産される方もたくさんいらっしゃると思います。


辛い思いをしなくてよければ、それが一番いいのかもしれません。


けれど、私にはこの辛い経験が必要な経験だったのかもしれません。


それまで私は親に心配をかけたことも多く、親なんだから子供の面倒をみるのは当たり前、


そんな考えの、してもらうばかりのわがままな娘でした。





最初に流産を経験したとき、なんで私だけこんな目にあうんだろうと思いました。


けれどそれは私が何も知らなかっただけでした。


こんなこと、普段は人に話すことでもないし、知り得ることでもなかったからです。


けれど、ブログを通してたくさんの方に励ましていただき初めて現実を知ったのでした。


想像以上に辛い経験をされた方が多いということ、それを乗り越えて来られた方の多いこと、


自分だけじゃない、今まで自分が知らなかった世界を知って驚きました。


そしてそんな方々からの励ましの言葉の温かさ、優しい言葉が心底身に染みました。




今までに感じたことのない絶望感、虚無感、悲しみ、そして私だけではないという現実を知って命が奇跡だと気付きました。


自分がここまで元気に生きて来られたこと、元気に産んで育ててくれた両親への感謝、


命を授かる喜び、失う悲しみ、我慢せずとことん泣くこと、けれど最後は後ろ向きにならないこと、


夢を持ったこと、私を支えてくれる人たちへの感謝の気持ち。

いつも人に与えてもらうばかりだった私が人に与えたい気持ちになったこと。


今まで来てくれた赤ちゃんたちは私に大切なことを教えてくれたんだと思いました。


今までのことがなかったら、今の私は絶対にありません。


そう思うと、意味のあることだったんだと思えるようになりました。





将来妊娠を希望される方、ぜひ自分の身体について知って欲しいと思います。


20代の頃、結婚願望すらなかった私は本当に無知だったので無理なダイエットも平気でしたし、


女性の身体についても知らなさすぎました。


今はそのときじゃなくても、きちんと知っておけばそのときが来たときに役立ちます。




今辛い思いをされている方も、心が穏やかになる日がきっと来ます。


未来は明るい。


落ち込むこともあるけれど、最後はそう信じてすすんできました。


そう思えるようになったのもたくさんの方の支えがあったからです。


同じように私も誰かの支えになりたいと思います。




本当にたくさんのおめでとうをありがとうございました。