珍しくこんな時間に更新。


コメントの公開なども遅くなりごめんなさい


今日はおでかけ→娘の寝かしつけで一緒に寝てしまう→変な時間に目が覚める。


って感じで今に至ります。



今日のお弁当は、というか昨日はおにぎりでした。


容量は480ml550mlの合計1030ml


この二段わっぱ、実は初めて買ったわっぱです。


だいぶたちますがまだ活躍してくれています。








~Menu~


Cpicon ご飯がすすむイカゲソそぼろ by ちきぽん


・南瓜のスパイス炒め


・白葱の塩炒め


・オクラの煎り酒和え


・蓮根の甘酢漬け


・おにぎり(白米+米粒麦&玄米+たかきび+黒米)









今日の作り置きはこちら。


いかげその下ごしらえは材料をフードプロセッサにかけたもの。


南瓜のスパイス炒めはレンジで柔らかくしたかぼちゃをマスタードシードとクミンで炒めました。


マスタードシード、ほんとに大好きでよく使います。


コショウなんかのように一般的には常におうちにあるスパイスではないかな?


と思いレシピにはほとんど登場しませんがやっぱり好きだし試したことのない方にもおすすめしたい!


なので今後はレシピを作ろうかな思います。


おすすめポイントは、炒め物なんか香りがよくちょっと本格的?な感じになります。


なのでまずは炒め物に使ってみるとか、スパイスのカレーを作る時にも大活躍。


やっぱりカレーはルウで作るものよりスパイスで作るものが好きです。


いや、ルウのカレーを大量のらっきょうと一緒に食べるものもちろん好きですが。


あ、話がそれたけど白葱はカットしただけ。









イカバーグは純粋にほとんどがイカゲソで後は調味料だけ。


レシピではそぼろになってます。


このままだと塩分がきついのでイカバーグにする場合は塩を分量の半分程度?で良いと思います。


そぼろで食べたらちょうど良かったけどイカバーグしょっぱかったみたいなので(笑)


Cpicon ご飯がすすむイカゲソそぼろ by ちきぽん









ちなみに、そぼろはハンバーグよりもっと簡単にできます。


ほぼイカだけなのでそぼろ状になりやすくて。


葱や大葉の刻んだのなんかをのせて、ちょっとしょっぱめのイカがご飯によく合いますよ~


これ、焼いた後のフライパンにお水と味噌を入れたら1人分の美味しいお味噌汁ができます。

 

私の朝ご飯になりました。








今日はこんな感じに詰めました。


南瓜はわりとしっかりどっしりしているので最初に詰めて軽く土台に。


今日はイカバーグに大葉が合いそうなので仕切りに大葉を使いました。


大葉の緑が目立つので南瓜は黄色を見せる割合を多めにしました。








イカバーグに合わせて大葉を2枚。


存在感が結構あるので葉先の長い部分を少し短めにカットしました。









隙間にいつもの100円おかずカップを入れて白葱を詰めました。


断面の見え方とかあとでバランスを見て調整します。









オクラも緑、今日は濃い緑が多いなぁ、、、


というわけで、断面の白い方をしっかり見えるように詰めました。









ところが最後のおかずである蓮根も白かった・・・


というわけで白葱と色かぶらないように大葉を、オクラとも調整しつつ蓮根を詰めました。


そしてピックでちょっと誤魔化して(笑)


こういうところが、できあがりを想像できない不器用な私なりの詰め方になります。









おにぎりですが、今日はこんな感じに詰めてみました。


もともと400gでめいっぱいのごはんの量なのでギュウギュウです。


ごはんは100g&200gの冷凍ストックを作っています。


100gは私のご飯用&おにぎり1個分用、200gはパパの晩ごはん用とお弁当用です。


こうすると、毎回ちゃんと同じ大きさのおにぎりが出来るので便利です。


具材が入って変わりそうなときは調整します。




お弁当には白いご飯が綺麗だなぁと、最近は白ご飯ベースに雑穀が多くなってます。


今回は米粒の形をした麦入り。


食べやすく違和感があまりない感じだけど、やっぱり少しぽそっとしています。


それなら押麦でもいいかなぁ~と個人的には思います。


そして黒い方は玄米ベースにたかきびと黒米をブレンド。


玄米は圧力鍋で炊くのでぼそっとせずにもちもちで冷めても美味しいのが特徴。


ちなみにうちでの加圧時間は20分ほど。


更にもちもちを求める方におすすめなのがミルキークイーンの玄米


以前あるおにぎり屋さんで食べた玄米おにぎりがものすごくもちもちで餅米入りかと思うほどでした。


冷めているのにかたくない、しっかりもちもちでしっとり。


そしてミルキーでコクがあってとにかく美味しい、感動!


どうやって作っているのですか?と聞かずにはいられなく聞いたら



「ミルキークイーンを1時間加圧しているんですよ。」と惜しげもなく教えて下さいました。



ミルキークイーン!!


ミルキー!!


納得



夏の岩牡蠣を食べた時に牡蠣が“海のミルク”と呼ばれていることに初めて納得したときの気持ち、、


あれを思い出しました。


そしてミルキークイーンはもちもちしているのも特徴だそうです。



もちろん、早速家で試しました。


ただし、1時間も加圧する勇気?がなくて25分くらい、中途半端(笑)


確かにもちもちだったけど、あのおにぎり屋さんでの感動まではなく。


いつか1時間がんばってみようかなと思ってます。



また脱線したけど、おにぎりの形はアバウト、なんとなくはまるように作ってはめ込んでみます。


そして笹の葉を敷いてラップを外しておにぎりを詰めます。


もう少しごはんが少なければ同じ詰め方でも格好良くできそう。


それも大容量、というか遅咲きの食べ盛り?弁当の悩みどころです。









そんなこんなで出来上がったお弁当。


ごはんを冷凍ストックするなら何種かあるとまたお弁当にも変化が付けられます。


うちは毎回炊きたてよ、と言う方はごめんなさい。









そして、先日は妹がうちに遊びにきたのでリクエストのカレーランチしました。


実家から美味しい刺身用のイカが届いたので友人 に教えてもらった絶品イカの和え物も!


綺麗に捌いてあったので輪切りには出来なかったのがちょっと残念。


けど、レシピがいいので美味しかった









カレーはココナッツ風味のチキンカレー。


スパイスは適当ブレンド、適当でもおいしくできるのがカレーのいいところ。


そして“こぶみかんの葉”がいい香り。


あのトムヤムクンからする柑橘系の香りです。


専門店に行かないとないけれど、長いこと冷凍ストックができるこぶみかんの葉。


ネットでも買える時代、タイ風のカレーが好き・・・と言う方には是非ストックをおすすめします。


ちなみに、乾燥ではなくフレッシュなほう。









最近、生活サイクルが狂ってます。


早寝、早起き?すぎ。

















Instagramではお昼ご飯を記録中Instagram




小さなお料理&フォト教室HPはこちら↓





可愛いお弁当のグルッポ






今日も最後まで読んでくださりありがとうございます

皆様の応援が毎日のパワーになっています。

よろしければクリックで応援お願いします。