ちょっと前のこと、本屋さんで“おっぱいバイバイ”の本を何気なく見たら、切なくて涙が出ました。


その時は、まだまだ先でもいいかな、なんて思っていました。





生まれたばかりの娘はおっぱいが上手に吸えなくて心配になりました。


入院中は張りがすごく酷くなり、痛くて眠れなかったこともありました。


1時間おきに授乳したりと大変な時期もあり、眠れなくて本当にしんどかったなぁ。


それでも一生懸命ふんふん言いながら吸う姿が可愛くて愛しくてたまりませんでした。


それからだんだん上手になって、力強くなってきてずいぶん楽になったなぁと感じ、


歯も生えてきて、痛いからもう嫌だ!!と思ったことも。





そんな娘も1歳1か月をすぎ、お外も手をつないで歩くようになり、ずいぶんお姉さんになりました。


ご飯もたくさん食べてくれるし、そろそろおっぱいの役目も終わりかな~。


もうずいぶん前から授乳は1日1回、2回だけで、日中は欲しがることもなかったので、


後は私の気持ち次第かなぁという感じでした。


そしてとうとう、今日、実行することに。




というか、実は、数日前から実行しようとしてはいたのです。


けれども、やっぱり明日、やっぱり明日と伸ばしてきたのです。


いざなくなると思うと寂しくて、最後の授乳姿を見ておこう、と、最後の授乳を何度も(笑)


私にとって授乳の時間はこの上ない幸せで、どんなつらいことも吹っ飛ぶ時間で、最高の癒しでした。


もう、この時間が無くなると思うと、正直、寂しくて泣きそうです。


というか、泣いてます


乳離れできない子供のような、母親です(笑)


成長は嬉しいけど、なんだか寂しいなぁ。