昨日の朝ごはん。


生野菜も温野菜もたっぷりのごはんでした。


自家製パンはこだま酵母を使ったチーズ入り、水分多めのパン。
小分け冷凍している小さな角切りタイプのチーズを消費したくて焼いたパンだけど、チーズたっぷりすぎてダイエットには不向き(笑)



006A9887





サラダは色々野菜を小さめに切ったチョップドサラダ、温野菜はバーミキュラで作った塩鶏と野菜のトマト煮でした。


塩鶏は鶏胸肉に、2%の塩を揉みこんで作ったもの。
冷蔵庫で保存して1週間以内に使い切ります。
和物にもスープにも旨みと塩分が溶け込んで美味しいです。



006A9892   





バーミキュラといえば、気になっているのが話題のライスポット。
実際にお料理を食べてみたくて、子供たちを連れてクッキングイベントに行って来たのです。
最近は3人での電車の乗り継ぎも慣れて来たな~。

バタバタであまり良い写真は撮れなかったのですが・・・



image1

   



ミネストローネ。
ホールトマトと野菜、ベーコンのみで作ったそうです。
塩も入っていない、ベーコンの旨みと塩分だけで十分おいしかったです。




image3





お鍋本体は23㎝だそうで、400gの粉を使ったチョコ入りのパンが焼きあがっていました。
温度が1度刻みで設定できるので、お鍋の中で発酵させそのまま焼くことができるそうです。
パンはとてもふかふかでした!




image2





普通のバーミキュラのお鍋もすっぽり入ります。
炊飯としては使えないけれど、IHとして普通に調理する分には使えるそうですよ~。
ただ、私の使っている18㎝だとちょっとスカスカになりそうです。




image4-crop





ライスポットなんだから、肝心のご飯!
が、こんな写真で本当にごめんなさい~
こちらはライスポットで炊いたご飯をライスポットでチャーハンにしたもの。
作る工程を見ていたけれど、ごく普通の作り方でご飯はパラパラになっていました。



白米ももちろん試食させていただきました。
ちなみにお米は高級なものを使用したわけでなく、普通のお米を炊いたそうです。
どちらかというと、粒がしっかりした感じ、一粒一粒の食感がわかる感じのご飯でした。
なのでチャーハンも簡単においしくできるのですね~。



うちは圧力鍋で炊いたもちもちご飯が主流で、パパも長女もけっこうな柔らかめが好き。
なので、ご飯を炊くのは圧力鍋のほうが向いているかもしれません。
だけど、チャーハンや混ぜご飯はライスポットのほうがいいかな。



IMG_8175





その他、カレーやローストビーフなど、試食は盛りだくさん。
とくにおいしくて感動したのはローストビーフでした。
お肉の中心温度をベストの状態で調理できるからなのでしょうか。
ごはんよりむしろ低温調理や1度刻みの温度設定に魅力を感じました。




カレーも無加水で作られており、野菜の甘味がすごくてとてもおいしかったです。
そして驚いたのが、固形の野菜は絶対に受け付けない長女が人参を「おいしい!」と食べたこと。
親指の先くらいはあったと思われる人参、いつもと違う雰囲気で口に入れたとしてもあとから出すだろうと思っていたのに!
カレーはいつも野菜が見えなくなるくらいにしてたのになぁ。
ちなみに、緑が見えているとダメなチャーハンもねぎ入りなのにパクパク食べました。(食後なのに)
だけど、大きめのねぎはやはり口から出していました(笑)




というわけでお迎え決定。
卓上で使えるので一緒にお料理を楽しめたらいいな~。











ラインで更新通知が届きます
 



インスタグラムもよろしくね

Instagram





今日もご訪問ありがとうございました

読んだよ!の応援クリックいつもありがとうございます