朝ごはんは野菜たっぷり、お昼はサラダごはん、夜は普通に食べる。
おやつはそれなりに食べ、運動は朝のストレッチだけ(←ここなんとかしたい)
という感じでまだまだゆる~い感じの産後ダイエット。



出産で大きくなったお腹は産んですぐにへこむのかと思ったらそうではなく、長女の時にショックだったのを覚えていますが、今回もやはりぽっこりしたままで、、、
ストレッチは緩みきったお腹の筋肉を使うところから始めて今は軽い腹筋をしています。
はじめたときは妊娠8ヶ月くらいのお腹だったのが、6ヶ月くらいのお腹になったような気はします(笑)



あ、あとちょっと前にテレビでみた「ゆんころ」
ボディが素晴らしすぎてまぶしすぎて衝撃を受けたのなんの!
あんなにストイックになれるはずもなく、ただただ眩しいのですが、ヒップアップをしたいと軽いストレッチを取り入れました。





ああいうのを見るとパパに聞いちゃうんですよね。
500万%無理なんだけど、とりあえず聞いてみたいんです。




「もしママがあんな風になったらどう思う??」




「うーん、それはいいと思うけど、、、」




なんか申し訳なさそうに聞こえるのは気のせいかしらー



無理を承知でぷりぷりのお尻を手に入れたくなりました(笑)




産後すぐに体重がするすると落ちる人、私みたいに増えてしまう人、個人差があると思います。
私みたいな人はやらねば今がそのまま定着してしまう。
今が当たり前になったら危険、そうなる前にがんばらねばー。





そんな感じの朝ごはんメニューは、


●サラダ
●納豆トースト
●青汁牛乳



牛乳効果もあってこれだけ食べたら結構おなかが膨れます。
血糖値の上がりをゆるやかにしてくれるで取り入れることにしています。
トーストは自家製でちょっと厚め、もう少し薄くてよかったなぁ。
バターを塗りたいところだけど、ないとダメなわけではないので塗らずにおきました。
塗ったほうがおいしいだろうなぁと思いつつ(笑)




毎日摂りたいなぁと思うのは納豆と生玉ねぎ、それにお酢。
血液をサラサラにしてくれる生玉ねぎは水にさらさない方が効果的。
辛みの少ない新たまの出回る今がたくさん食べるチャンスなのです!
または、紫玉ねぎも辛みが少ないのでおすすめ。
こちらは通年出回っているのでサラダごはんにもよく使います。




006A7706






そしてお昼のサラダごはん。


チキンソテーのサラダごはん。
著書にもあるポークソテーのサラダごはんのチキンバージョンのような感じ。
カレー風味のドレッシングはヨーグルトベースでこちらにも生玉ねぎが入っています。
残り物のスープもついているので500kcalは超えていると思います。





006A7715





著書のサラダごはんはすべて500kcal以内です。
300Kcal台から500kcalギリギリのものまでさまざま。
なので、500kcal以内に収めつつスープをプラスした献立も作れると思います。




サラダごはんを500Kcalに作るコツをいくつか。




●毎回のごはんの量を決めその分のカロリーを把握しておく
●ドレッシングも同じように1回分のカロリーを把握しておく
(手作りの場合はドレッシングに使う油分のカロリーなど)
500kcalからそれらを引いた分他の食材を食べられるのだなぁと何となく頭に入れておく。





とくにドレッシングはものによってカロリーがかなり違うし使う量でも変わってきます。
市販のものは1回に使う量をちゃんと決めるだけでも効果的。
手作りの場合は1回に使う油分のカロリーを把握しておくなどもおすすめです。
著書ではよく使う野菜の分量も1回分をほぼ同じに設定して作りやすい工夫をしています。




その他の食材のカロリーがわからないじゃない。
確かに、それは調べるしかないのですが、意識して続けていれば頭に入ってくるもので。
頭に入ればどんどん作るのが楽になってきます。
そうして得たものは日々の食事作りにきっと役立つと思います。





あとは、楽しくがんばるのみー





















ラインで更新通知が届きます
 



インスタグラムもよろしくね

Instagram





今日もご訪問ありがとうございました

読んだよ!の応援クリックいつもありがとうございます